注意しなければならないレンタカーのポイント

自家用車を持っている人でも持っていない人でも、旅行先や遠出するときに利用すると便利なのがレンタカーです。公共交通機関の利用だけでは不便な場所でも気楽に行くことができたり、また荷物もたくさん載せることができます。さらに借りる会社によりますが、数時間単位で借りられるお手頃なプランから数日単位で借りられるお得なプランがあり、目的によって使い分けることによって行動範囲が広まります。しかし、免許は持っているものの普段運転をしない人はもちろんのこと、日常的に運転をする人でも、乗りなれない車となればさまざまなトラブルが付き物です。また、会社によって返却先や利用時間など細かなルールが決まっている場合も多く、事前に確認しておかないと後々のトラブルに発展しかねません。

借りる前に確認すべき注意点について

まず、レンタカーを借りる際は当たり前ですが予約が必要です。できれば利用が決まった段階で予約を行うことが良いでしょう。当日の予約でも車両の空きがあれば受け付けてもらえますが、観光地や行楽シーズンなどは早い段階で予約が埋まってしまう可能性があります。また、希望している車両がレンタルできなかったりすることもあるため、注意が必要です。そして予約した時間通りに店舗まで行くことが大切です。店舗によっては予約時間を過ぎても来店しない場合、強制的にキャンセル扱いとなる場合があります。大抵の店舗は駅近くなどわかりやすい場所にあることが多いですが、慣れない土地だと迷って中々たどり着けないという可能性もあるため、事前に店舗の場所を確認して時間通りに来店する必要があります。

いざ借りてから返却するまでの注意点

無事レンタカーを借りた後、最も注意すべきことが運転です。普段運転している人でも、乗り慣れない車となると中々感覚が掴めないことが多いです。そのため、普段以上に注意して運転をする必要があります。さらに見知らぬ土地であれば駐車場の場所がわからず、ついつい路上駐車などをしてしまうことがあるかもしれませんが、レンタカーで駐車違反などの違反切符を切られた場合、反則金を納めることはもちろんですが、今後7年間は車をレンタルすることができなくなることがあるため注意が必要です。そしていざ返却する際には、ガソリンを満タンにしてから返却する必要があります。店舗によってはガソリンを満タンにしなくても最後に現金にて清算を行ってくれるところもありますが、この場合金額が高くなることがあります。